2010年05月31日

大阪市長「風で閉塞感を解決できぬ」 市議補選・橋下新党勝利(産経新聞)

 大阪府の橋下徹知事が代表を務める地域政党「大阪維新の会」の広田和美氏(46)が初当選した大阪市議補選(福島区選挙区)の投開票から一夜明けた24日朝、大阪市の平松邦夫市長は報道陣の取材に応じ、「支持率8割を超す知事が狭い区を回れば風が起きて当然。閉塞(へいそく)感に覆われる中で風が吹けばすべて解決するのか」と述べ、橋下新党の「圧勝」を冷静に受け止めた。

 ■“大阪都”構想「議論はしたい」

 選挙戦で橋下知事から「市政改革が進んでいない」と批判されたことについては「改革は進んでいる。多くの人に知ってもらう努力をしたい」と反論した。

 また、知事が掲げる「大阪都」構想に対して「中身がよくみえない」と従来の見方を繰り返す一方、「構想の枠だけは出たのでしっかり議論したい」。知事から「平松市政にノーを突きつけた」と指摘されたことについては「一言で反論できない決めつけの手法。言うだろうなと思っていた。取り立てて反論する必要もない」と受け流した。

 一方、橋下知事はこの日、「平松市長は選挙戦では生活にかかわる議論が不十分だったと指摘したが、区民は区長を公選制で選ぶという生活にかかわる根幹のことを求めた。平松市長は意固地にならず、区民の声を聞いてほしい」と述べた。ただ、今回の選挙で大阪都構想にみなが賛成したとは受け止めていないとし「今後もじっくりと説明し理解を求めていく」とも語った。

【関連記事】
雨でも関係なし! 橋下新党勝利にうなだれる既存政党
朝鮮学校の教育活動確認作業部会発足 高校無償化で大阪府
橋下知事PRのバイオ燃料「E3」事業頭打ち
大阪府と市の共同組織、WTCに7月設置 臨海部活性化へ立案
大阪維新の会、同数で最大会派に 自民ベテラン府議が離団
中国が優等生路線に?

理不尽な退職、許しません=市長らの退職金減額条例―横浜市議会(時事通信)
<口蹄疫>畜産農家の国民年金保険料を免除(毎日新聞)
<普天間移設>野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり(毎日新聞)
【りこめんど】メディリンク 超小型コードレス心電計(産経新聞)
社民、連立是非で再協議=福島氏「県内移設、明確に反対」―普天間(時事通信)
posted by サセ ノブオ at 15:18| Comment(23) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。