2010年02月26日

ご当地グルメのギョーザで宣言=津市(時事通信)

 数字の2が並ぶ平成22年2月22日、津市のご当地グルメ「津ぎょうざ」を提供する飲食店関係者らが集まり、ギョーザ生かして市を盛り上げていくことをうたった「津ぎょうざ宣言」を出した。
 津ぎょうざとは、直径15センチの皮で作るジャンボ揚げギョーザ。1985年ごろから市内の給食に出始め、現在でも人気の給食メニュー。市内約40店舗で食べることができる。
 学校給食で、子供1人当たり4〜5個のギョーザを調理するのは手間がかかるため、調理員が通常の3〜5倍の大きさのギョーザを考案した。給食室の調理器具では大きなギョーザを一度に焼くことができなかったため、揚げることで火を通すようにした。関係者は「ギョーザを通じて津を元気にしたい」と話していた。 

【関連ニュース】
給食米から基準超のカドミウム=1500人以上に
滞納給食費天引き、10年度は見送り=子ども手当で
公立小給食費、初の月4000円台=米飯は週3.1回

<数学分野>研究費の格差広がる 中規模大学で大幅減(毎日新聞)
芳醇? 鮒ずしで生キャラメル 滋賀のメーカー開発、販売(産経新聞)
調査捕鯨提訴でNZ外相「外交的解決を優先」(読売新聞)
2000個、追悼のともしび=通行人も参加、福知山線事故−兵庫(時事通信)
<皇太子さま>「これからだという思いで」…50歳に (毎日新聞)
posted by サセ ノブオ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。